ブログトップ

山行日記

マキノ高原~寒風峠

a0107336_0465536.jpg
   2014 2月22日(日) スノーシューと おぜんざい  

[PR]
# by houkoku-2 | 2014-02-24 00:57

三峰山樹氷

a0107336_14224390.jpg
2014 1/19(日)    三峰山   (宇陀郡御杖村) 
                                  参加 13名

 前日からの低気圧情報で当日は雪とのことでした。               報告takada
 5時に起きると外は雪景色。
 6時には外は雪が降り始め、道路も周りの山も真っ白です。

 6:30集合=みつえ青少年村9:30到着=9:46出発  (不動岳コース)=不動滝10:28=山小屋11:00 ランチ
 11:57出発=頂上12:30=八丁平12:37~13:10お茶タイム=登り尾コース下山 14:58
a0107336_14111283.jpg

a0107336_14121329.jpg

a0107336_14123791.jpg
a0107336_14133537.jpg
不動の滝 少し凍りかけてはいますが期待はずれでした。
a0107336_1415262.jpg
小屋の中は沢山の人でした。ここでランチにしました。 外は風が強く万全に寒さ対策をします。
a0107336_14165942.jpg

樹氷が少しついてはいますが、見事とは言えず・・・・
a0107336_1418489.jpg
a0107336_1425341.jpg
a0107336_14292515.jpg
八丁平 展望が良ければ山並みが見れたのに・・・・
樹林帯に入りお茶を頂きました。一番人気は生姜湯です。体が温まりいざ下山です。
a0107336_1433542.jpg
 無事下山。近くの温泉で体を温めて帰路につく。   姫石の湯は10名以上で団体割引でしたよ。      
[PR]
# by houkoku-2 | 2014-01-20 14:39

苔玉とリース作り

2013 11月3日 (日) 

  いろり庵の近くでツルや野草を採って、苔玉とリースを作りました。
  天気は雨とのこと どうなるかと心配しましたが、作る間は雨は降らず、楽しい1日を
  過ごすことが出来ました。

  近くの山で 木に巻き付いているツルをはずし調達。 なかなか面白い。

  リースに使う実は サルトリイバラ・ガマズミ・ツズラフジ・モッコクなどなど。

  
a0107336_22501580.jpg
山から採ってきたばかりのツル
a0107336_22521327.jpg

自分の好みで輪の大きさを決めて作ります。
a0107336_22533075.jpg

a0107336_22544049.jpg
a0107336_22552013.jpg

a0107336_22563882.jpg
なかなか赤い実が可愛いです。
a0107336_2355492.jpg

a0107336_2373811.jpga0107336_23104911.jpg
a0107336_23132987.jpg
    作品紹介a0107336_2314214.jpg
a0107336_23143617.jpg
a0107336_23172326.jpga0107336_23195559.jpg
a0107336_23222034.jpg
おやつの焼き芋を用意してくれてます。意外と時間がかかるのです。
その間にお昼とします。美味しい豚汁を用意してくれてました。
美味しく頂きました。
昼からは苔玉作りです。
a0107336_23274130.jpg
苔玉作りの講習から入ります。  次は実践です。
a0107336_2329713.jpg
好きな植物を選んで苔を硬く丸く包んでいきます。
a0107336_2334318.jpg上手ですよ。
a0107336_23342520.jpg
a0107336_23345080.jpg

大人も子供も リースに 苔玉作り 秋のにおいを感じながら真剣にまた遊びながら 1日楽しめました。
作品作りが終わり いよいよ焼き芋が出来上がっています。 美味しく頂きましたよ。


    参加 大人17人   子供3人でした。           
                                  報告    takada

 
[PR]
# by houkoku-2 | 2013-11-05 00:14

2013年公開バスハイク

錦秋の立山
10月13日~14日
   ① 登山コース  室堂 ~ ノ越 ~ 龍王岳 ~ 一ノ越山荘泊
              雄山~大汝山~富士ノ折立~大走り~雷鳥沢~室堂   19名 会員外 1名

   ② 登山コース  室堂 ~ 一ノ越山荘泊 
              雄山 ~ 室堂                            8名  会員外 1名

   ③散策班     室道山荘泊                              5名  会員外 4名

 バスの中から立山に近づくにつれ、日本でないようなアルプスの雄大な景色が迎えてくれました。
 ワーと歓声があがります。 残念ながら10月も半ば、紅葉は期待できないことは覚悟の立山です。
 連休ではあるが室堂はやや人は少ないように感じました。
 やはりピークは過ぎているためだと思いました。
 訪れた者だけに与えられる景色。行けなかった方にも この美しい景色を堪能していただきたいと思いま    す。

  バスターミナルに13時10分到着。a0107336_22203719.jpg
雲一つない青空です。  やはり気温は低いように感じました。
a0107336_21826100.jpg
カメラ担当とあとK氏が写っていないので36名です。

a0107336_21241597.jpg 室堂は2450m 一ノ越山荘葉2700mなので  高低差250mです。 1時間のコースです。
足元は凍りついているので気を抜かないで歩きました。
a0107336_21283376.jpg
散策班は室堂山荘までなのでここでお別れです。
a0107336_21314336.jpg

a0107336_21333250.jpg  ここではアイゼンは着けずに行きます。
a0107336_21345399.jpg
どこを見ても美しいで~す。
a0107336_21363172.jpg
一ノ越山荘に到着です。
標識の上に誰が作ったのか、可愛い雪だるまが飾ってありました。
a0107336_2142476.jpg
岩がゴロゴロしている登山道を早朝5時から登る予定の雄山です。一ノ越山荘の前からの撮影です。
a0107336_2146096.jpg龍王岳に登り始めたのは15時ころ。風が出てきました。出来る限りの寒さ対策をしてから登りました。
しかし寒い。途中A班はアイゼン装着。  B班は頂上でアイゼン装着しました。早く下りなければ体が冷え切ってしまいそうでした。
a0107336_2154465.jpg
A班メンバー
剱岳がはっきりと見えます。
a0107336_2155355.jpg
 B班メンバー
a0107336_2159435.jpg槍ヶ岳も見えました。
本当は写ている大きな山が龍王岳(2872m)頂上でした。 私たちが頂上だと思って記念写真を撮ったのは、途中だったと後でわかりました。 しかし寒くてこれ以上、前には進めなかったように思います。
a0107336_2283319.jpg
a0107336_2291079.jpg

a0107336_22222380.jpga0107336_22231713.jpg夕食は18時からでした。お食事は美味しく頂きました。広い部屋は寒くて食事の時も帽子が脱げずにいました
a0107336_22262833.jpg
部屋から見た夜景です。
室堂山荘の明かりがわかります。
a0107336_2228486.jpg
14日早朝4時起床。
5時出発で雄山に登ります。昨日と違い風もなく、意外と暖かいような・・・・・寒くありませんでした。
一ノ越山荘の明かりが下の方に見えます。
a0107336_22332975.jpg
今日の日の出は5時40分頃 途中で見るはずでしたが、登る朝日は山が邪魔をして拝めず残念でした。
a0107336_22372763.jpg
朝陽は登ってしまったけれど、眩しいぐらいの太陽です。これで満足です。
a0107336_23402253.jpg

a0107336_22433331.jpg
雄山到着は6時20分。
a0107336_22451820.jpg

a0107336_224604.jpg雄山頂上は3003m
立山は雄山3003mと大汝山3015mと富士ノ折立2999m。この3つの峰の総称で立山といいます。
a0107336_22504888.jpg雄山から大汝山に向かいます。
a0107336_22514342.jpg
立山の山の影が写っています。上から見る景色は360度 素晴らしいです。
a0107336_22554837.jpg
7時16分到着。頂上は狭いので班ごとに登りました。後ろに剱岳がド~ンと構えています。
a0107336_22575883.jpg

素晴らしい峰 ずーと剱岳に伸びています。
a0107336_2338337.jpg

a0107336_23393211.jpg

a0107336_2352714.jpg
大走りを降りると賽の河原に出ます。 浄土川があり橋を渡ると雷鳥沢野営場テント場に着きます。
a0107336_2375710.jpg
橋は修理中です。
a0107336_2385530.jpg
どこから眺めても素晴らしい・・・・ため息が出ます。ここからは急な坂道 階段が続きうんざりしました。しかし振り向けばため息が出るほど素晴らしい。  疲れも飛んでいきます。
a0107336_2322261.jpg

地獄谷です。硫黄ガスの臭いがすごいです。
a0107336_23111073.jpg
ミクリガ池に写る立山。
a0107336_2314512.jpg

a0107336_23145013.jpg

バスセンターには予定時間には到着しました。

下山後は温泉と昼食です。楽しい2日はアッとに終わってしまいました。

各コースごと 全員無事に終えてホッとしました。

冬山のような体験もし 今後の山の参考になればと思います。

雪の白、少し残る緑、素晴らしい空の青 すべての色が織りなす美しさに魅了された立山でした。

a0107336_23532484.jpg
ご馳走様でした。

                                                報告  takada





 
[PR]
# by houkoku-2 | 2013-10-16 00:01

五竜~鹿島槍ヶ岳縦走


 2013 9月12日 18時京都出発~八方ゴンドラ乗り場(休憩所で仮眠)
         13日 八方尾根から五竜山荘  
         14日 五竜岳~キレット小屋~鹿島槍ケ岳~冷池小屋
         15日 冷池山荘~爺ヶ岳~種池山荘~柏原新道 爺ヶ岳登山口下山~
              八方ゴンドラ乗り場(タクシー移動)

                メンバー   5人

 8時 ゴンドラ、リフトと乗りつぎ 八方尾根から登山開始  まだまだ夏の花が出迎えてくれました。
 なかなか 前に進みません。 花は昨晩の雨で下向き加減です。
 雲の上を歩くとゆう 素晴らしい 出足だ。  北アルプス 景色が 最高でした。
 
  今日の行程は五竜山荘までなので少しゆとりがあるので、気は楽です。

a0107336_20352897.jpg
ナナカマドが秋を感じさせてくれる。
a0107336_20362669.jpg
 八方池 標高2080m
丸山ケルン(2430m)からの展望。白馬岳に向かう不帰の瞼です。  
a0107336_216212.jpg

a0107336_20461083.jpg
これから牛首に向かいます。「あそこで落ちた人がいるよ」と 唐松山荘で宿泊する人が言います・・・・
a0107336_20485377.jpg
段々ガスが上がってきました。岩場は意外とすぐ終わりました。鎖があるので慎重にいけば大丈夫です。
a0107336_2049302.jpg

a0107336_2184510.jpg
こんな景色があるから頑張れるのよね
a0107336_2172144.jpg
今日の所要時間約8時間  山荘は個室だったので5人でゆっくりできました。 食事はカレーと味噌汁です。
a0107336_21131252.jpg
 14日4時起床で、弁当を食べてから5時出発です。 11時間の予定です。
a0107336_2116466.jpg
 1時間20分かかってます。剱岳がすっきり迎えてくれました。  ばんざ~い
a0107336_21222921.jpg
五竜岳からの下り。
a0107336_2159031.jpg

a0107336_21232555.jpg
峰の間を雲が流れ込む。本当に素晴らしい眺めです。
a0107336_21251117.jpg
 ようやくキレット小屋に到着。出発してから5時間15分。 行けども行けどもなかなか着かず、気力が大切です。この場所で写真を撮りたかったので大満足です。 
a0107336_2128971.jpg
キレット小屋で買った牛乳とみかんの缶詰が美味しかったよ。  甘さがたまりません。
いよいよキレットに向かいます。
a0107336_2130986.jpg
 クサリも足元もしっかりしていて油断しないで進めば大丈夫。 あっと思う間に過ぎてしまいました。 少し気が抜けた感じです。
a0107336_21335810.jpg
見上げれば飛行機雲でしょうか。 なかなか消えないのは水分が多いせいですって。 今日は昼から雨とゆうことです。早くキレットを抜けなければ・・・・
a0107336_2137128.jpg
a0107336_21352919.jpg
鹿島槍ヶ岳到着。すでに9時間経過です。 周りはガスデ何も見えてません。 雨は持ちそうです。これから冷池山荘です。
ガレ場が続き、疲れた足にこたえます。 怪我しないように気を引き締めていきます。到着は15:57約11時間 頑張りました。小屋に着いて雨が降り出しました。雷も。
a0107336_214673.jpg
15日 朝は小雨です。6時半に出発で下山は11:57  5時間20分 
ともかく体力と気力がいるコースでした。 楽しいコースでもありました。 やはりお天気が一番ですね

       
                                     報告      takada
[PR]
# by houkoku-2 | 2013-09-19 22:04